eBay輸出 薄利多売のメリット、デメリット

公開日: 

2016年10月からeBayのセカンドアカウントを作り、薄利多売でトレカ、ゲームを売り続けました。そして現在も続けています。

SAATSの杉村講師による薄利多売プレミアムにも入りました。

簡単言えば低価格帯の商品を主に追跡番号なしで送るという手法です。

始めてから2年経ったので良かった点、悪かった点をまとめておきます。

薄利多売の良かった点、メリット

○利益率が高い。

○オークションで毎週低価格からの出品をしているので、ある程度安定して売上が立っている。

○オークションのついでの即決商品のまとめ買いが多い

○参入者があまり多くない。

薄利多売の悪かった点、デメリット

○手間のかかる割に売上が少ない

○一個あたりの利益が少ない

○出品数が多くなり、出品の労力がかかる

○追跡番号なしなので詐欺バイヤーが多い。(受け取ったのに届いていないと言えるので)

○低価格商品で気軽に買えるためなのか、バイヤーの年齢層が低いためなのかは分からないが、質の低いバイヤーが多い感じがする。

○オークションで落札者の入金が数週間なく、返事も無いことが多くOpen caseしたりして手間がかかり、そしてまた出品しないといけない。

eBay輸出薄利多売の感想、まとめ

書いていると悪い点が目立ってしまいますね。

売上の割に手間がかかり、しかも扱う商品にもよりますが大きな売上を上げるのは大変です。

売上がすくないということはいくら利益率がいいといえども、利益自体は少ないです。

今月1000ドル程度の売り上げですので利益率50%でも500ドルですから

金額の高いゲームやトレーディングカードばかりにすればいいじゃないかといえども、これらは仕入れが難しいし、即決で出品しておいても値段が高めだとなかなか売れにくいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑