輸出ビジネスの稼ぎ方(2)

公開日:  最終更新日:2018/04/10

前回は自分が出品しようとしているものが売れるのかebayでのリサーチを行いました。

前回分 輸出ビジネスの稼ぎ方(1)

今回は出品前の注意事項を中心に書いてます。

ebay出品する前に、出品に規制がある商品がありますので見ておきましょう。

ebayで販売禁止、制限がある商品、カテゴリー

https://www.ebay.com/help/policies/prohibited-restricted-items/prohibited-restricted-items?id=4207

慣れてくれば、禁止ではない限り出品できるのもありますが、最初からは避けた方がいいでしょう。

出品する場合はよく読んでからルールを守って出品するようにしましょう。

禁止の商品を出品するとアカウント削除となる場合があるので注意してください。

以下の商品は、禁止または制限があるので注意しましょう。

アダルト
アルコール
生きた動物、剥製、象牙
文化遺産、墓関連商品
使用済み下着、化粧品
クレジットカード
医療機器
銃器、武器、ナイフ
農作物(野菜、果物、米など)

販売はできても海外に送れない商品がある

次に販売はできるけれども日本郵便の国際郵便で送れない商品、相手国で輸入禁止になっている商品があります。

国際郵便として送れないもの
https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/index.html

航空危険物は送れないのは当然ですが、

とくにリチウム電池が入っている商品は注意が必要です。以下の規約を守らなけらばいけません。

① 機器に取り付け又は機器に内蔵されていること
② リチウムの内容量又はワット時定格値等が一定限度内であること
③ リチウム電池の数量制限(単電池の場合は4個、組電池の場合は2個)の範囲内であること
④ リチウム電池の輸入を制限していない国・地域宛て等に差し出すこと

リチウム電池が使われている商品は多いですし、カメラやおもちゃでも入っているのがあるので注意が必要です。

リチウム電池単体では送れません。

出品に必要なもの

まずは写真をとる必要があるので、カメラが要ります。

最近スマホのカメラの性能が良くなっているので、デジカメは使わずiPhone7のカメラで撮影しています。

十分きれいな写真が撮れているのでスマホのカメラで十分です。

見栄えのいい写真を撮るために撮影キットはあった方がいいです。

王様の撮影キット

この撮影キットを購入して使っています。

撮り方も詳しくサイトやメルマガで説明されているのでかなり役立ちました。

これを使う前はamazonで安い撮影ボックスを購入して使っていましたので最初は安い撮影ボックスでも十分だとは思います。

それかもっと安くあげたい場合は自作の撮影ボックスを作りましょう。

段ボール(またはプラスチック段ボール)と模造紙があれば最低限のができます。

出品ツールはあれば便利です。

私はこちらのSAATS Commerceという出品ツールを利用しています。

SAATS Commerce

ebayのみではなく、ヤフオク、amazonにも出品できます。
HTMLが分からなくてもきれいなテンプレートも使えますし、国際郵便と連携していて発送ラベル印刷が簡単にできたり、無在庫出品の在庫管理にも役立ちます。

ちなみにこの出品ツールを作っているSAATSさんでは輸出入のサポートを行っており、トラブルをSNSやスカイプで相談できたり、売買に関するやりとりを英語に翻訳してもらえるサービスがあります。

翻訳も数時間でやってもらえますし、非常に便利なので使っている友人が多いです。

オークション・トータルサポート・サービスSAATS【ベーシックプラン】

発送方法をどうすればいいのか

発送手段は料金が高い順に

EMS

国際eパケット

国際eパケットライト

小形包装物 航空便(Airmail)

小形包装物 SAL便

等いろいろあります。

先に重量、商品の金額によってどれで送るか決めておきましょう。

国際郵便料金表で送料はチェックできます。

https://www.post.japanpost.jp/int/download/charges.pdf

私の場合は

EMS,国際eパケット,小形包装物航空便の3つを利用しています。

どのように分けているかというと

EMS—>梱包して2キロを超える商品、販売価格が100ドルを超える商品

国際eパケット—>梱包したとき2キロ以下で3辺が90cmを超えない、販売価格が100ドル以下の商品

小形包装物 航空便(Airmail)—>2キロ以下で10ドル以下の商品

以上の基準で分けています。

EMSと国際eパケットは追跡番号が付いていますが、小形包装物は追跡番号と保証が付いていません。

追跡番号がないということは悪意のあるバイヤーが届いていないと言えば証拠がないので商品未着となり返金対象になってしまいます。

そのため最悪無くなってもいいという金額の商品に関しては小形包装物の航空便を利用しています。

基準を10ドル以下や100ドル以下にしていますがこれは個人、会社のリスク許容度によっても違いますのであくまでも私の場合の参考です。

しかしこれはおすすめできないですが送料が高いのでとにかく安いので送りたいというひとは大きい商品は国際小包のSAL便、小さいのは小形包装物のSAL便で送るといいです。価格で勝負したいと言う人向けです。

SAL便というのは陸送は船便扱い、航空便の空いているスペースを利用すると言うものなので、通常の航空便より到着が遅く、繁忙期には2ヶ月かかる場合もあるので届かないと言うクレームになりやすいです。

ebayの送料設定では
Economy Shippingを国際eパケット、Airmail
Standard ShippingをEMS

という設定にしています。

出品する前にebayで購入してみる

無理にする必要は無いですが、フィードバック(評価)なしでは売れにくいことは確かなので先に何か購入して評価をもらっておくのもいいと思います。

もしほしい商品があれば、購入してみましょう。

特に欲しいのがない場合、送料無料で安い商品を買ってみる方法は、

何か適当な文字を入れて検索して(aでもbでもいいです)左の枠のDelivery OptionsのFree shippingを選べばいっぱい出てきます。

中国人出品者のスマホケースとかアクセサリーとかたくさんあります。

それより一番手っ取り早いのはデジタルフォトの購入です。

photoで検索するとオークション$0.01スタートでたくさん出品されています。

これを買うとすぐに評価はもらえると思います。

どうしても先に評価をもらっておきたいと言う場合はいいと思います。

こちらから出品して評価をもらうのもいいでしょう。

評価稼ぎのため緑茶のティーバッグを送料無料$0.01出品しているセラーもたまに見かけます。

(デジタルフォト、ティーバッグはあまり良くない例なのでやらない方がいいです)

次ページに続く
輸出ビジネスの稼ぎ方(3)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑