転売は副業に最適か?

公開日:  最終更新日:2017/12/01

最近働き方改革で残業が減ったり、副業がOKになる会社が増えて来たりで

アルバイトや副業をする方が増えてきています。

そこで転売は副業に最適かを考えてみたいと思います。

転売もさまざまな形式がありますが、種類は問わず、まずはリサーチをして

安く買えるところから仕入れて、高く売れるところで売るのが転売です。

転売の種類

転売といっても今はいろいろあり、

主に国内転売、輸出、輸入転売があります。

例として、

国内転売の仕入れは安売りしているお店、フリマ、オークション(ヤフオク、メルカリ等)から仕入れている人が多く、

それを割と高値で売れやすいアマゾンに出品して販売しています。

輸入転売はebayや海外ネットショップで仕入して、ヤフオクで販売するというのが多いです。

輸出転売はその反対でヤフオクなどで仕入してebayで販売するというのが多いです。

転売の利点

ブランドイメージが確立しているものを売買するので売れやすく、失敗して損がでることもあるがあまり損は出ないことです。

一から商品を作るとなると難しいですし、もはや副業ではないですね。

価格リサーチさえちゃんとできれば、簡単に稼げますので稼ぎやすいといえます。

転売の欠点

作業量が多くなるということが欠点です。

リサーチ、仕入れ、販売、梱包、発送など作業量が多くなりがちです。

それと資金が必要になります。

月十万円稼ごうと思えば、利益率が20%ならば50万円売上が必要になります。

利益率がもっと低ければ50万円以上必要になります。

仕入れの必要資金としては40万程度はいるでしょう。

しかも在庫を持つとなるとスペースが必要です。

狭いマンションに住んでいる方はちょっと厳しいかもしれません。

小さい商品のみを扱うとかにするとか考えなくてはなりません。

発送するときの梱包資材も必要になります。

まとめ

副業としてはしんどいかもしれませんが、稼ぎやすいので副業に向いています。

というか副業といえども仕事なのだからしんどいのは当たり前かもしれませんけど。

まず最初は不用品をヤフオクかメルカリで売ることから始めてください。

副業だけではなく、独立に向けてステップアップしていきたいという人は

私はインターネットビジネスの入口としては最適だと思っています。

転売でインターネットで商品を販売することを覚えて次のステップに進むのがいいと思います。

インターネットで販売する感じをつかんで、次にネットショップにいくなりアフィリエイトをするなり個人の好みによって進む道は変わってきます。

もちろん転売を極めていくというのもありです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑